ITエンジニア派遣とはどのような働き方なのか

・ITエンジニアの派遣ってどういう働き方なんだろう
・派遣型エンジニアのメリットは?

今回はこんな疑問に答えていきます!

本記事の内容

・ITエンジニア派遣の働き方がわかる

・派遣型エンジニアのメリットがわかる

ITエンジニアの働き方には多様な形がありますがその中でも今回は「エンジニア派遣」という形について、どんな働き方をしているのか、どんなメリットがあるのかを解説していきたいと思います。

ITエンジニア派遣とはどのような働き方なのか

ITエンジニアの派遣には、いわゆる「登録型」といわれるものと「常用型」といわれるものの2つがあります。

一般的には「派遣」といわれると、派遣会社に登録し、紹介された案件に就く「登録型」の派遣を思い浮かべる人が多いと思いますが、エンジニアの派遣(主にSESと呼ばれる)は会社に正社員や契約社員として雇用されている社員が、顧客先に派遣されて作業する「常用型」という働き方が多くなっています。

ITエンジニアの場合、プロジェクト単位でアサインされることが多いのでどうしても案件と案件の間にどこにもアサインされていない空白の期間が出来てしまいます。

その際に登録型の派遣の場合は時給制で働く場合が多いので、現場で働いてないと給料は減ってしまいますが、常用型の場合は社員になるのでアサインされていない待機の時間も給料が発生するという部分が違いになります。ITエンジニアの方向けに、今回はITエンジニア派遣=登録型派遣という前提でお話ししていきます。

ITエンジニア派遣のメリット

ITエンジニア派遣のメリットはなんといっても、「色々な環境で働けること」でしょう。

利用しているツールや言語もその時々で様々なものを使えますし、それによって自分自身の経験をより豊かなものにすることが出来ます。

多数のプロジェクトに参画することで人脈も広がりますし、希望すれば新しい技術を使った現場に参画することも可能な場合もあります。

新しくITエンジニアになった方等は特に同じ会社の先輩等がいるプロジェクトであれば、新人でも現場に参画することが可能な場合もあります。実際の現場で学べることは研修などとは比べ物にならないくらい多いので、できる限り早く現場で仕事ができるというのは強みにもなります。

あとは、社内で働いているITエンジニアは中々社外の人と関わることは少ないのですが、社外の方々と交流できることもメリットだと思います。

常駐先の社員の方と飲みに行ったり、そこから新しく仕事をもらったり社内で働いているITエンジニアとはまた違ったコミュニケーションが取れると思います。

ITエンジニア派遣のデメリット

上記のメリットの裏返しですが、環境の変化が激しいのでプロジェクトが移り変わるごとに人間関係やそれまで培った技術等がリセットされてしまうという部分です。

とはいえ今まで得た経験や技術がなくなるわけではないので、同じ環境だとマンネリ感を感じてしまう方であったり出来るだけ新しい技術に触れたい人には向いていると思います。

僕自身もITエンジニア派遣の形態で働いていた経験がありますが、やはりプロジェクトに関わっている期間がそこまで長くなかったこともあり、作っているシステムやサービスにあまり思い入れが持てない(自分ごととして作れない)ので転職してしまった経緯があります。

なので、新しい技術を身に付けたい、ITエンジニアの人脈を増やしたいと思う方はエンジニア派遣はおすすめです。

そうではなく、自分が作っているサービスが成長するのが楽しいと思うような人は自社サービスを持っている会社に就職することをおすすめします。

ITエンジニアの働き方は多様化している

現在エンジニアの働き方は多様化してきていて、エンジニア派遣のSESの他に自社サービス開発や受託開発、フリーランス、業務委託など自分にあったやりたい事・伸ばしたい技術によって幅広い働き方から選べるようになってきました。

それぞれの働き方によってはメリット・デメリットがあるので、自分の今のフェーズや興味のある技術などを深掘りし、それに合った働き方を自分で選択していくことが必要になってきます。

1つの働き方や環境に固執せずに、新しい経験・新しい環境を求めて働き方を変化させていくのも今の時代には大切になってくるかもしれません。