ITエンジニアに英語力は必要なのか【経験から考察】

・エンジニアに英語力は必要?
・英語苦手だけどエンジニアになれるかな?

今回はこんな疑問に答えていきます!

本記事の内容

・エンジニアに英語力は必要なのかわかる

・英語力がない場合どうすればいいかわかる

エンジニアをしていると英語力がもっとあったら楽だったなと思う場面に遭遇することは多々あります。

僕自身は英語が得意ではないエンジニアなので時には苦労もしてきました。その際の対策であったり、実際にはどの程度英語力が必要なのかについて解説します。

エンジニアに英語力は必要なのか

まず、結論からいうと、エンジニアでやっていくのであれば英語力はある程度身に付けていた方がいいのは間違いありません。

エンジニアが英語力を求められるのは大体次のような場合です。

・英語のリファレンスや資料を見なくてはいけない場合

・関数や変数の命名時

・オフショア開発等で海外エンジニアとやり取りをする場合

英語のリファレンスや資料を見なくてはいけない場合

これはエンジニアをしていると結構頻発する問題ですが、使用しているツールやミドルウェア等のリファレンスが英語でしか用意されていない場合、そこから目的の部分を探し出してコーディングを進めていくのは非常に苦労します。

最近は、メジャーなものに関しては日本語に翻訳されているものも多いですがまだまだ英語のリファレンスを読む機会も多くあります。単語程度でも知っていると検索かける時にも重宝するとは思います。

関数や変数の命名時

プログラムを書いていると、関数や変数を定義する際に名前を決めていきますがその命名の際に困らない、かつスピーディーに進めるためにも英語力があると非常に楽です。

というのも英語力の無かった僕は昔は単語を翻訳にかけてその単語をコピペしてきて命名していたりしました。

問題はないのですが、いちいちそんなことをしているよりもさっと命名出来た方が楽ですよね。

ちなみにどんな変数名をつけた方がいいのか悩んでる方はこちら。名著です。

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック

オフショア開発等で海外エンジニアとやり取りをする場合

最近流行ってはきていますが、オフショア開発をしている場合は英語を使わなくてはいけない可能性がかなり高まると思います。

オフショア開発とは人件費削減のために日本以外の海外企業に開発を委託するものです。

この場合やり取りが英語になる可能性が高く、コミュニケーションを取れないといけないため、読めるだけの英語力ではダメで話せないといけない場合も多くあります。

英語力がない場合どうするか

とはいってもすぐに英語を話せるわけではないので、ではどうするか。対応としては2つです。

・翻訳や他のサービス等を駆使する

・少しずつでも英語の勉強を進める

翻訳や他のサービス等を駆使する

今はかなり翻訳の精度も上がっており、実際に英語のリファレンスを読んで理解するレベルであればブラウザの翻訳機能でもなんとかできる部分は多々あります。

最近では、codic( https://codic.jp/ )のような命名規則の手助けをしてくれるようなツールもありますので、なかなか時間がなくて英語の勉強まで手が回らないというような人はこのようなサービスを使って乗り切るのもいいと思います。

少しずつでも英語の勉強を進める

これからエンジニアとして活躍したい、今よりもコードの質や効率を上げたいという方は少しずつでも英語の勉強を進めておくことをおすすめします。

エンジニアの英語の勉強としては、単語を覚えることと話すことを同時進行でやるのがおすすめです。

単語は実際にコードを書く時にも使うのですぐに実務での成果が出やすいです。

一方で話すのはなかなか上達まで時間がかかることが多い、かつ独学だと非常に難しいのでスクールに通うことをおすすめします。

ですが、最近はコロナの影響で通うのは難しくなっているので、オンラインスクールがおすすめです。

その中でもスタディサプリは、通学・予約不要のオンライン型英会話学習サービスで社会人でも続けやすく、1回最短3分のスキマ時間でできる英会話レッスンとして人気です。

全ての機能が7日間無料でお試し可能なので、少しづつでも始めたいという方は是非お試しでも利用してみてください。

英語力は必須ではないがあると効率的

僕は全く英語が分からなかった時と比べると作業効率も、英語リファレンスに対する抵抗も今ではかなり無くなってきました。

必ず持っていないといけないスキルではないと思いますが、持っていることで他のエンジニアとの差別化になるのは確かです。

最近は正社員でも外国籍のエンジニアを採用しているところも多いので、出来る限り英語力は身に付けておくことをおすすめします。