ITエンジニアの年収は比較的高め【その理由も考察】

 

・エンジニアの年収はいくらくらいなんだろう
・伸びしろはどれくらいあるのかな?

今回はこんな疑問に答えていきます!

本記事の内容

・エンジニアがどれくらいの年収なのかがわかる

・エンジニアの高給の理由がわかる

ITエンジニアは技術職なのでスキルや企業規模、仕事内容によっても年収の幅はかなり広い職業だと思います。

僕はエンジニア以前は美容師として働いていましたがその当時と比較すると格段に年収は上がりました。

この記事を見てエンジニアに興味のある方はご参考に、現在エンジニアの方は自分と比較しながら見ていただけるといいと思います。

僕なりのエンジニアの本当の強みに関しても伝えています。

では、実際のデータと経験を織り交ぜて説明したいと思います。

ITエンジニアの年収は比較的高め

まずはこちらのデータを見てください。

プログラマー(WEBサイト・インターネットサービス系) 571万円

プログラマー(パッケージソフト・ミドルウェア) 563万円

システムエンジニア(DB・ミドルウェア設計/WEB・オープン・モバイル系) 557万円

システムエンジニア(アプリ設計/WEB・オープン・モバイル系) 554万円

マイナビ転職 https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/income/ranking/01/index2

これはなかなか上振れしているというか、かなりハイランク層が上に引っ張っている感じはしますが、僕の周りや周囲の人を見ていても高い給料で働いている方は多いと思います。

ただ、先ほども言ったようにエンジニアの給料はスキルや仕事内容によって大きく変化します。

例えば、新卒でエンジニアとして入社した方の給料は大体月20~28万、年収で言うと240~300万ちょっとくらいに落ち着くことが多いと思います。

これも学生時代からフリーで仕事を受けていたというようなすでに力のある人は異なりますが、初めは技術も知識もないため大方このくらいであまり他の職種と比べても大差ないと思います。

しかしスキルをつけてきて、チームでも開発を率いれるようになるとそこから一気に年収は伸びていくと思います。

開発というのは基本的に1人ではあまり行いません。規模が大きくなれば尚更ですが、エンジニアリーダーとしてのチームビルディングや組織づくりを行うような立場になると飛躍的に年収を上げられるようになります。

エンジニアの本当の強み

僕が思うエンジニアが稼げる本当の強みの部分があります。

それは、他の職種(営業・コンサル・事務など)に開発の知識を持って移っていけることです。

今の時代は営業など開発に直接関係ないような職種でもwebやIT自体の知識については知っていないと仕事にならない面も多くあります。

例えば営業であれば、アクセス解析や競合調査の方法であったり、一見ITの知識なんていらなそうな事務の仕事ですらVBAでマクロを組んだり、日々のルーティーンを自動化するプログラムを書いたりで効率化に貢献できます。

このようにエンジニアには、自分の希少価値を上げていくようなタイミングが多く、やりようによっては重宝されることが多い職業だと思います。

エンジニアは事業を作りやすい

上記でお伝えしたものに加えてエンジニアの年収が高くなるもう一つの要素が、事業の作りやすさにあると思います。

もちろん作りやすいと言っても誰でも簡単に作れるわけではないですが、特に自分1人でインフラからフロント・バックをコーディング出来るエンジニアであれば、思いついたアイデアをすぐwebサービスに落とし込めます。

これが企業だと、新規サービスを始める際に、何百万という大金を払って当たるか分からないサービスに投資をしなければならないためどうしても及び腰になりがちです。

サービスを世に出す早さというような面でも、コストがかからなく事業を自分で作って試せるという能力は今のインターネットが必須の時代にはやはり重宝される能力ではないかと思います。

エンジニアは年収を伸ばす方法が豊富に用意されている

いかがだったでしょうか?

やはり現在は何をやるにしても開発やwebマーケティングを避けては通れなくなってきました。

それによってエンジニアはコードを書くという以外にもその力を使って他の部分でも年収や希少価値を上げていくことができる職業だと思います。

エンジニアで今現在は年収が低いという方でも土台をしっかり積み上げれば、芽が出たときには色々なものに横転できるような力が身についていると思います。

これからの時代は義務教育にもプログラミングが導入されるくらい必須のものになってきました。

エンジニアも増えてはきましたがまだまだ人は足りていない状況なので、これからでも年収を伸ばしたい方はこの業界を1度経験してみるのもいいかもしれません。