文系でも問題なくITエンジニアにはなれる【経験談から解説】

・文系だけどエンジニアになれるのかな?
・文系のエンジニアが気を付けることはあるかな?

今回はこんな疑問に答えていきます!

本記事の内容

・文系でもエンジニアを目指せるのかがわかる

・文系エンジニアが有利なこと、気を付けるべきことがわかる

エンジニアという職業は世間一般だと理系の人の職業だと思われていますが、現実には文系エンジニアの人も多くいます。

かくいう僕も、ごりごりの文系あがりのエンジニアです。とはいえ今までそこまで不便やデメリットを感じてきませんでした。

文系出身エンジニアである僕の経験をもとに、文系エンジニアの現実と気をつけた方がいいことなどを解説していきます。

文系でも問題なくエンジニアにはなれる

ITエンジニアはPCをメインで使う職業柄、理系のお仕事だと思われがちですが、全てがそうではありません。

例えば数学的な知識が必要になる、機械学習やビッグデータ解析の専門分野などでは理系出身者の知識や経験が大いに生かされる分野になるでしょう。そのような領域に文系エンジニアとして挑むのであれば、相応の学習が必要になってきます。

しかし、実際エンジニアの仕事としては文系・理系は特に関係なく、それぞれの出身でも優秀な人はもちろんいます。なので文系出身でも問題なくエンジニアは目指せます

文系エンジニアが気を付けるべきこと

これは僕の経験談になりますが、以下の2点は自分の中で気をつけていました。

・1つの技術を極めるより、出来ることの引き出しを増やす

・まずプレイングマネージャーを目指す

それぞれ説明したいと思います。

1つの技術を極めるより、出来ることの引き出しを増やす

これはどういうことかというと、バックエンドである程度システムが作れるようになったら次はフロントエンド、その次はインフラなどそれぞれを時間をかけて極めるより自分の知識と技術の範囲を広げるということです。

こうして出来ることの引き出しを増やしておく理由はいくつかあるのですが、僕の場合は同じ土俵でスペシャリストと戦うのは武が悪いことと、早いうちに全体を知ることによって他の技術の伸びもよくなるということがあります。

実際に理系の方は講義でプログラミングの知識や経験を有している場合が多く、圧倒的に自分よりも出来る状態だったので、スタートから同じことをしていたらずっと追いつけないだろうと僕は思ってました。なのでスペシャリストとしてではなくゼネラリストとして戦うことを決めました。

ただ注意してほしい点があって、一つ一つの技術はある程度のレベルまでは上げておく必要があるということです。ちょっとバックエンドやったからすぐフロントエンドいこうではなく、それぞれの技術は新人に聞かれたら教えられるくらい(僕としては半年くらいやる感じ)までは上げておきましょう。そうでないと定着しないまますぐ忘れてしまいます。

まずプレイングマネージャーを目指す

これは上記での説明と絡んでくるのですが、技術のスペシャリストとしてのエンジニアを目指すよりもそれをまとめる側のマネージャークラスを目指していくことがおすすめです。

そのためには、一つの技術だけではなく幅広く知識が必要になるので、その意味でも出来ることの引き出しを増やしておくということが有効だというのが分かります。

文系エンジニアのメリット

これは現実的な僕の経験上なのですが(偏見と思われた方はすみません、、)、コミュニケーションの取り方が文系の人の方が上手かったりはします。僕は新入社員の研修等も担当していましたが、母数で言うと圧倒的に文系エンジニアのコミュニケーション能力は高かったです。(もちろん理系でもコミュ力高い人はいます)

エンジニアはコミュニケーション力よりも技術力の方が大事だ!と言う人もいるかもしれませんが(いるのか?)、研究職とかではない限り僕は断然コミュニケーション能力の方が大事だと思っています。

仕事を進めていく上で仕様の確認など他の人とのコミュニケーションはかかせません。

その際非エンジニアの方相手でも分かりやすく技術的なことを伝えたり、適切なコミュニケーションが取れないエンジニアだと仕事自体が前に進まないので、自らの技術を誇示するだけではなく、周囲と連携出来るのがベストです。

文系理系に囚われず開発の楽しさを知ってほしい。

もし今あなたが文系だからエンジニアは難しそうだしやめとこうかな、と思っているならやめるのをやめてください。

実際に文系エンジニアとして活躍しているエンジニアの先輩はたくさんいます。技術職なのは間違いないですが、そんなこといったら仕事なんて全部技術職です。

どんな仕事でも向き不向きはあり、大抵は実務をしながら覚えていくものです。エンジニアの仕事内容や何かを作ることに楽しみを覚える人なら大変ながらも成長を実感しながら楽しく働けると思います。

文系だからと悲観してないで一度エンジニアの世界に飛び込んでみてください。行動あるのみです。